4/4ページ

4/4ページ

池袋ウエストゲートパーク(文春文庫)《石田衣良》

ドラマでも人気のあった、ミステリー小説。 物語の冒頭「おれのPHSの裏側にはプリクラが一枚貼ってある。 おれのチームのメンバー五人が狭いフレームになだれこんで写ってる色のあせたシール。」の一文から、 当時のブーム真っ只中にいるイマドキで危なっかしい若者たちの物語が始まることをイメージさせられました。 マコトと呼ばれる主人公が、池袋を舞台に若者を取り巻くあらゆる事件に巻き込まれていきます。 なんだか […]

社会人大学 人見知り学部 卒業見込み(メディアファクトリー) 《若林正恭》

オードリーの若林さんが書いたコラム。 2008年のM-1優勝から連載までに感じた「社会」についての考え方に心を揺さぶられました。 風呂なしアパート住まいの下積み時代を経て、売れてからの「世の中の当たり前」の生活に戸惑う当時の感情などが若林さんの言葉で生々しく綴られています。 当時、そんな気持ちを抱えたまま見ている人を楽しませてくれていたのかと、 心をぎゅっと掴まれるような気持ちになり涙が出てきまし […]

X’mas Stories 一年でいちばん奇跡が起きる日(新潮文庫)《朝井リョウ、あさのあつこ、伊坂幸太郎、恩田陸、白河三兎、三浦しをん》

季節外れに読む、クリスマスの物語もなんだか新鮮でした。 この物語がクリスマスをもっと特別な一日にしてくれる――。 6人の人気作家が腕を競って描いた六つの奇跡。 自分がこの世に誕生した日を意識し続けるOL、イブに何の期待も抱いていない司法浪人生、 そして、華やいだ東京の街にタイムスリップしてしまった武士……! ささやかな贈り物に、自分へのご褒美に。冬の夜に煌めくクリスマス・アンソロジー。 六者六様の […]

1 4