バスケットボール漫画!黒子のバスケとは!?

バスケットボール漫画!黒子のバスケとは!?

今回ご紹介するのは高校バスケットボールをテーマにした少年漫画「黒子のバスケ」です!
様々な特徴を持ったキャラクターたちがたくさん登場します!

黒子のバスケとは?

『週刊少年ジャンプ』で完結済みの作品です。体格に恵まれず、シュートも入らないバスケ少年が、新設校で2年生までしかいない高校のバスケ部に入部します。そこから、強豪校を相手に仲間とたくさんの大変な練習を乗り越え、高校バスケでトップを目指す話です。同時に入部した、体格に恵まれた帰国子女(火神)が、のちの相棒になります。

黒子のバスケの見どころ!

こんな技あり!? 再現不可なスゴ技に驚き

体力のない黒子は、実は最強な技を2つ持っています。1つ目は、試合中に消える『ミスディレクション』。相手校の視線を誘導し、黒子が見えなくなってしまうというもの。彼の影の薄さがなせる技です。視線誘導はマジシャンがよく使うらしいですが、バスケで実際に可能なのか、気になるところです。
物語の終盤、黒子以外の部員を『ミスディレクション』するなど、この技は進化していきます。
2つ目の技は、バスケットボールを掌底で殴り飛ばすパス『イグナイトパス』。その威力は凄まじく、体格に恵まれた相棒の火神でさえ、最初は受け止められません。その後、バスケ部全員で黒子のイグナイトパスをとる練習をします。この技も進化し『イグナイトパス廻』を習得します。これは、最初のイグナイトパスより更に威力が増したもので、相棒の火神しかとれません。

奇天烈な因縁のライバルたち

本編の中で、黒子が中学時代、バスケ部の仲間と喧嘩別れしたことが明かされます。 彼らはまとめて『キセキの世代』と呼ばれ、とにかく強すぎる集団です。強すぎるあまり、中学では試合で相手校の心を傷つけるようなプレイを繰り返し、怒った黒子はバスケ部を去ったのです。『キセキの世代』と黒子はそれぞれバラバラの高校に入学し、『キセキの世代』がいる学校との試合を中心に物語は描かれます。
しかし、その『キセキの世代』の見た目がまずすごい。黒子のかつての相棒『青峰』は髪が青色。その他、名前に色が必ず入っていて、髪が同じ色をしています。
彼らの技もまた、凄いのです。ありえない角度からシュートを入れたり、反対のゴール下から向こうのゴールにシュートを入れたり、すれ違った相手を触れずに転ばせたり。読者からは『超次元バスケ』との声が上がっています。

スポーツ漫画お約束シーンに胸熱

スポーツ漫画でお約束のシーン、それは仲間の怪我。黒子のバスケでは、黒子がいる高校のバスケ部に、試合中の怪我で長い入院をしていた先輩が途中参加してきます。先輩に怪我をさせた相手は、他の試合相手にもラフプレーで怪我をさせるような『すごく悪い』バスケ部集団。その高校との試合が決まり、先輩のためにも勝利を目指します。
そしてお約束。先輩は、これ以上バスケを続ければ、もう二度とバスケのできない体になると医者から言われていたのです。治すにはアメリカで長い治療が必要で、治療を選ぶと高校でのバスケはできなくなってしまうのです。無理をして試合に出ようとする先輩と、必死で止める部員たち。思いをぶつけ合います。
試合を選ぶか治療を選ぶか。このジレンマに読者は一緒に悩んだことでしょう。

黒子のバスケを読んだ感想

バスケが分からなくてもその都度説明があり、また試合以外のほのぼの回も面白いので、バスケのルールが分からなくても楽しく読むことが出来ました。目立つ『キセキの世代』以外のキャラクターも濃く、とにかく飽きずに読むことが出来ました。

終わりに

別紙でその後のストーリーが連載されていますが、『週刊少年ジャンプ』では完結しているため、一気読みができるのがおすすめです。古本屋ではセット売りされていることもあります。スポーツ漫画が好きな人、スポーツはよく分からないという人、共に楽しめる作品です。ぜひ、ご一読してみてください。

漫画カテゴリの最新記事