絶対遭遇したくない!! 非人間ホラー漫画5選

怖いものってなんだと思います?幽霊が怖いのか、はたまた生きてる人間の方が怖いのか。いいえ、人間じゃないのに生きているのがいちばん怖いんです!
そんな漫画を5作、紹介します!

魔法少女・オブ・ジ・エンド

授業を受けていると、空が割れてたくさんの魔法少女が降ってきます。それだけなら、喜ぶ人もいるかもしれません。
魔法少女のうちの一人が、窓ガラスを割って教室の中に入ってくる!
そして、生徒たちを惨殺し始めます。ぎりぎり生きのびた同級生や先輩と逃走します。
この漫画のポイントは、魔法少女たちの殺し方の癖が強いこと!体に丸い穴を開ける奴、溶かす奴、切りに紛れている奴…。
仲間の性格もえぐいし遠慮なく死ぬ!逆にスカッとします。
特に話中に出てくる、少女レ○プ警察官はサラッとどクズです。どんなにナイスプレーをしても周りに褒められない。しかし彼が絡むとお色気シーンが増えるので、重要な人物かもしれませんね。

空から降ってくる魔法少女の数は大量。どんなに逃げてもどこにでもいる。
個人的には序盤、重要な仲間かと思ったキャラクターたちが衝撃的な死に方をした時は、涙が出そうになりました。
途中から月日の流れを行き来するような不思議展開にもなります。ちょっとだけ感動する。壮大なストーリーに注目です。

渋谷金魚

大量の金魚に襲われるこの話。
問題なのは大きさ!サイズといい攻撃性といい、猛獣。車のガラスを突破ってきます。
しかも攻撃の仕方が『食いちぎる』なので、絵面もえぐいです。
映画の鑑賞と撮影が趣味の青年が、パニック映画の世界のような目にあう皮肉。
青年はとにかく逃げようとします。しかし、そう簡単には逃げさせてくれない。逃げた先はどうなっているのか、ぜひ読んでみてください。



青鬼

有名なゲームですが、漫画も出ています。
ややストーリーに違いがあり、ゲームの方はプレイした方にもオススメです。

化け物が出ると噂の洋館に、止めときゃいいのに入る主人公たち。
青鬼の独特なフォルム、漫画特有の、来るか、来るか…? というドキドキ。オリジナルストーリーならではの驚きのオチ。
しかも青鬼って、有名なあのフォルムだけでは無いんです。気になるような、怖いような。
たくさんの出版社から様々な内容の漫画版が出ているので、まとめ買いもオススメです。

約束のネバーランド

素敵な自然、可愛らしい子供たちと、楽しそうな生活。親のない子供たちが、施設で逞しく暮らしています。
から一変、子供たちが売るために綺麗に育てられていたことが判明します。施設のシスターたちは、あちら側の人間。子供だけでの戦いが始まります。
主人公たちは子供たちの中でも歳の大きい3人組。
自分たちだけでは逃げられない、小さい 子たちも一緒でありたいと、中々逃げ出せない。しかも、産まれたての赤ちゃんもいるんです。
小さな子供たちが可哀想で、大声で応援したくなるような漫画です。実写化映画化もしたので、合わせて見てみるのもオススメです。

神さまの言うとおり

実写映画化もしたヒット作です。
授業を受けていると、一体の喋る達磨が降ってきます。そこから始まる、命懸けの『だるまさんがころんだ』。次々と死んでいく仲間達。生き延びた生徒を迎え入れるのは、『次のゲーム』。
そしてゲームが終わり、警察部隊が突撃。やっと日常に戻れたかと思いきや、また次のゲームへ。
1度穏やかな日常を見せてゲームに戻すという、鬼畜の所業です。小さい子供も知っている遊びを、とにかく命懸けでやるこの漫画。
とにかく殺意の高い『敵』の、一見怖そうに見えないフォルムとのギャップが余計に恐ろしい作品。
巻き込まれた少年少女たちの、葛藤や成長する姿にも注目です。そもそも生き延びれるかどうか、かなり死亡率の高いデスゲームです。
『神さまの言うとおり弐』もありますので、ぜひ読んでみてください。

まとめ

人ならざるもののホラー漫画まとめ、いかがだったでしょうか。幽霊なら接触出来ないのが救い、サイコホラーは人智を超えたことは出来ないのが救い。非人間ホラーは、その救いを一切とっぱらった怖さを持っています。
さらなる怖さを求めている方、ぜひ読んでみてください!

漫画カテゴリの最新記事