ガソリン生活(朝日文庫) 《伊坂幸太郎》

ガソリン生活(朝日文庫) 《伊坂幸太郎》

大学生の主人公、望月良夫は愛車のデミオ運転中に、偶然会った女優の翠を目的地へ送り届けることに。
翠の様子がおかしいと感じていた良夫だが…その予想は的中し、翌日、翠は事故死してしまう。
「本当に事故だったのか?」 良夫とその弟、大人びた小学5年生の亨は、翠を追いかけ回していた芸能記者・玉田と知り合い、
事件に首を突っ込み始める。
姉や母までをも巻き込み、事件の真相に迫ることとなるが…謎は広がるばかり。 果たして、事件の真相は・・・?

この物語の語り手はなんと…良夫の愛車デミオ(通称「緑デミ」)!
可愛らしい車たちが、自分だけしか知りえない持ち主の秘密や思い出を語っていく、
クルマ視点は主人公の知らない事実や真相を読者と共有していく新しい構成です。
緑デミだけではなく、登場する車たちのキャラクターもみんなとてもキュート!

クルマと持ち主の別れや、時の流れに切なくなりながらも、クライマックスにワクワクさせられる、とびきりファンタジーなミステリーです♪

すこしマイペースな長男や、いじめにも臆さない大人びた弟、明るい母など個性的なキャラが揃った家族の描写にも注目!

この物語を読んで、車にも感情があったら面白いなあと思った私は、「いつもありがとう~」とか、「洗車して綺麗になったね~」とか、
お家の車に乗る度に一言声をかけるようにしているのですが、エアコンやCDプレイヤーの調子が良くなる気がしています(笑)

恋愛度:★★★☆☆
ハラハラ度:★★★★★
ファンタジー度:★★★★★
伏線回収度:★★★★★
車の声が聞きたくなる度:★★★★★

小説カテゴリの最新記事