ペンギン・ハイウェイ(角川文庫) 《森見登美彦》

ペンギン・ハイウェイ(角川文庫) 《森見登美彦》

「僕は知りたい。この世界の始まりについて、そしてお姉さんの謎について。」
小学4年生のぼくが住む郊外の町に突然ペンギンたちが現れた。
この事件に歯科医院のお姉さんが関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することに。
ちょっと大人びた同級生ハマモトさんと頼りないけど優しいウチダくんとの出会いや、お姉さんとの日常。

【簡単】美容室・エステのホームページならグーペ!【安い】

さわやかな中にも、引き寄せられる不思議な感覚がクセになる物語です!
物語の中でぼくは何でもノートに記すのですが、
私も影響されてノートをつけることにしました!笑
夏にピッタリのお話なので、夏まで寝かせてみるのも良いかもしれません!

恋愛度:★★★☆☆
感動度:★★★★☆
不思議度:★★★★★
夏休み度:★★★★★
ペンギン度:★★★★★

小説カテゴリの最新記事