レインツリーの国(新潮文庫) 《有川浩》

レインツリーの国(新潮文庫) 《有川浩》

きっかけは「忘れられない本」。
何気なくその本を検索して、偶然に感想を書き綴ったサイトを見つけた主人公。
そこから始まったサイトの管理人「ひとみ」とのメールのやりとりは、すぐに2人の距離を縮めていきます。
共通の趣味や物事に関する考え方、人との付き合いなど、普段周りのひとには言わないような話も打ち解けて語り合う間に、
主人公はどうしても彼女に会いたいと思うように。。
しかし、彼女はどうしても会えないと言います。かたくなに会うのを拒む彼女には「ある理由」があったのです。

やりとりがほのぼのとしていて、それでいて2人の性格や好意がはっきりと分かる表現に見ていて微笑んでしまうほどでした。
どうしても「相手の気持ち」は完全に理解しきれない、しきれないからこそ「どうしていくべきなのか?」というのを考えさせられる物語でした。
恋愛要素は多めで、ラブストーリー好きの方にはおすすめです。
恋愛以外にも、多くの要素が散りばめられていて、知らない世界を知ることが出来た小説でした!

ほのぼの度:★★☆☆☆
青春度:★★★★☆
感動度:★★★★☆
もどかし度:★★★★★
恋愛度:★★★★★

小説カテゴリの最新記事