阪急電車(幻冬舎文庫) 《有川浩》

阪急電車(幻冬舎文庫) 《有川浩》

阪急今津線を舞台に、様々な主人公たちが紡いでいく物語。
ひとりひとりの人生の物語が、電車の中やホーム、駅周辺の街で偶然に重なり合いながら互いに影響しあっていく心があたたかくなるストーリーです。

物語に出てくるどの主人公たちも優しく逞しい(はじめは頼りなくても)人柄で、
個人的にはとても安心して読み進められるのが印象的でした(自分は裏切りや騙し合いなどがない物語を好むため…)。
植物や生き物の描写にも、心がほっこり。 阪急電車を利用したことがある人も、ない人も「彼らに会いに阪急電車に乗りに行きたいな…」と思えるような物語です!
※あとがきが児玉清さんで、こちらもとても癒されました!

爽快度:★★★★☆
青春度:★★★★☆
日常度:★★★★★
癒され度:★★★★★
恋愛度:★★★★★

小説カテゴリの最新記事