徳間文庫

神去なあなあ日常(徳間文庫) 《三浦しをん》

高校卒業と同時に三重県の山村に放り込まれた平野勇気19歳は「イマドキ」の若者で、 めんどうな事は極力避けたいタイプ。 そんな無気力で無関心な勇気が、神去の人々と出会いどんどんと変化していきます。 「なあなあ(適当に、気楽になど多種多様な使い方のできる方言)」な神去の人々は、勇気に今まで出逢ったことのない衝撃的な体験を与えます。 林業の現場に生きる人々の1年間のドラマと勇気の成長を描く素敵な日常の物 […]