有川浩

バレンタインの贈り物におすすめ!男性も楽しんで読める恋愛小説5選!

もうじきバレンタインの季節です。バレンタインの贈り物といえば、チョコレートが一般的ですが、今年は趣向を変えて「小説」をプレゼントしてみてはいかがでしょうか? 小説をプレゼントすることで物語を二人で共有でき、会話もはずむはず。男性も読める、ポップで面白い恋愛小説を贈って、好きな人への思いを伝えるのもいいかもしれません♪ 今回はそんな男性でも楽しんで読める恋愛小説を5冊ご紹介いたします! 都会っ子が田 […]

阪急電車(幻冬舎文庫) 《有川浩》

阪急今津線を舞台に、様々な主人公たちが紡いでいく物語。 ひとりひとりの人生の物語が、電車の中やホーム、駅周辺の街で偶然に重なり合いながら互いに影響しあっていく心があたたかくなるストーリーです。 物語に出てくるどの主人公たちも優しく逞しい(はじめは頼りなくても)人柄で、 個人的にはとても安心して読み進められるのが印象的でした(自分は裏切りや騙し合いなどがない物語を好むため…)。 植物や生き物の描写に […]

レインツリーの国(新潮文庫) 《有川浩》

きっかけは「忘れられない本」。 何気なくその本を検索して、偶然に感想を書き綴ったサイトを見つけた主人公。 そこから始まったサイトの管理人「ひとみ」とのメールのやりとりは、すぐに2人の距離を縮めていきます。 共通の趣味や物事に関する考え方、人との付き合いなど、普段周りのひとには言わないような話も打ち解けて語り合う間に、 主人公はどうしても彼女に会いたいと思うように。。 しかし、彼女はどうしても会えな […]