集英社オレンジ文庫

政と源(集英社オレンジ文庫) 《三浦しをん》

東京・下町のY町。 つまみ簪職人の江戸っ子・源二郎と、堅物な元銀行員の国政は、正反対の性格でケンカばかりしているが、 なかなか縁のきれないよいコンビ。 源二郎の弟子である徹平が、昔の不良仲間に強請られていると知った政と源は、老体に鞭打って大立ち回り!妻は亡くしてしまったが、 なにかと人の寄ってくる源二郎とは反対に、家族はいても必要とされていない国政は言いよいのないもどかしさを感じるように。。 上手 […]